この視力回復メソッドは、老眼対策の最終兵器となるか!?

Pocket

 

講師として稼働していくには、身体的に劣化させたくない要素があります。

それが、です。

そもそも教えるという行為には、自らの発声を伴います。
それが弱まってはいけませんので、昨年秋からボイストレーニングに取り組んでおります。

→関連記事【弱点克服! ボイストレーニングを始めました】

 

次に、講義を進めるあらゆる状況を捉える目の働きがなくてはなりません。
資料のチェックだけなく、受講者の様子を捉えるためにも必要です。

そこで視力を衰えさせないよう、老眼対策に励んでいる次第なのです。

→関連記事【効果あり!? ブルー・アイグラスが目にとても良さそうです】

 

前述のブルー・アイグラスは紙製であり、その耐久性はほぼゼロなので、すぐにボロっちくなりました。
額や鼻の脂がそのアイグラスに附着し、汚れが目立ってバッチィです。

だから「付けたくないや」と思っていたところ、次のようなセットが発売されたのでした。

 

『眼科医が考案!自宅でできる視力回復メソッド』

 

0355 1

 

ピンホール式のアイグラスが付属し、視力回復トレーニング方法がまとめられています。

以前買った文庫版『1日5分! 視力がみるみる良くなる本』よりも情報量は少ないのですが、その分、やるべきことが絞られていて、取り組みやすく感じました。

 

まず、ピンホール式のアイグラスをかけて過ごすこと。
5分ほどで目の筋肉疲労がほぐれるのです。

チベットホイールを用いて、目の筋力アップ
眼球をグルグルと動かす訓練です。これも5〜6分で行います。

そして「アイネック体操」というストレッチで、目の血流を高めるのです。
繰り返し回数で変化しますが、5分程度で終えられます。

この3点(全15分)を毎日繰り返せば、1週間ほどで効果が現れてくるらしいので、早速iPhoneアプリ『Streaks』へ登録しました。

 

そして、実践しています。

 

0355 2

 

この状態でしばらく過ごしていれば「タイトルに偽りなし!」と頷けます。

それは『自宅でできる』というサブタイトルの表現。

……自室以外では(怪しくて)できないでしょうね。
(まるで、ウルトラマンの第22話『地上破壊工作』での地底人です)

さて気になる効果は……いずれまた!

 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。