iPad miniで講義しながら、kindleアプリをどう使えば効果的か?

Pocket

 

多少の不便を感じながらも、iPad miniを使って講義をしていると、いろんな使い方を見出すものです。

元々は電子書籍を読むためにインストールした『kindle無料アプリ』でしたが、これが割と活躍します。
実は受講者へ参考図書を示す場合に役立つのです。

 

受講者が講義中に投げてくる質問に「どんな本を読めばいいですか?」というのがあります。
そんな問いに素早く的確に応えるのが講師の役割であり、存在価値ともいえます。

その場合、Amazonで検索したサイト情報やメディアマーカーでチェックしている図書データをPCから投写すれば、書影を見せながらの説明ができます。
しかし内容については印象的な情報しか提供できず、受講者へインパクトを充分に残せません。

そこで、kindle本として販売されいる電子書籍を取り込み、それをiPad miniからスクリーンに出力して紹介する具合です。

 

0351 1

 

kindleアプリから見てもらう効果は、ページを繰りながら本の中身が説明できることです。
「ね、わかりやすいでしょ」と、受講者に取っ付きやすさを強調しながら伝えられます。

すると単なる紹介だけで終わらずに、買って読んでみようという動機付けになるやもしれません。

 

でも、現物を持っている書籍をデジタルだからといって、わざわざ買い直すのは経済的でありません。

そこで、自室の書棚に並んでいる本で、kindleストアで扱っている商品は、その試し読み用の”無料サンプル”をダウンロードしておくのです。

 

0351 2

 

するとkindleアプリのアイテム一覧には、右肩に”サンプル”と表記された書籍のサムネイルが並びます。

 

0351 3

 

もちろん無料サンプルのデータに全ページは掲載されませんが、少なくとも目次レベルの内容は見せられます。
それをスライド投写するだけでも、その本の持つ情報がイメージしやすく伝わります。

さらに、本自体は持っていないけどサンプルをダウンロードしておけば、後々に購入するための備忘録にもなりますしね。

……ということで、kindleに限らず電子書籍のビジネス書アイテム数が増えることを、えらく望む次第なのであります。

 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。