2013年のビジョンをデザインしたら、モレスキンへの想いを断つことになった!

Pocket

 

さて、2013年の到来です。
こうして歳が改まるタイミングを迎えると、何か新しい可能性が得られたようで、目標設定するには良いキッカケになります。

元日の午前中、片付けられたデスクの上で、新調したばかりのモレスキン・スクエアード・ラージを開きました。

最初の見開きページには、自らがめざす2013年への構成要素をイラスト図解で表します。

 

0325 1

 

年末から漠然と考えていた来年のイメージを、正月早々ながら具体的なアプローチへとまとめました。

大きく4つの変化対象を掲げ、それに自らを鍛錬するパーツを紐付けながら、実践できるメソッドへと展開しています。

 

【手 業】

 

画力 = 絵を用いた視覚的な表現ツールの活用

筆力 = 文章を書き上げるスキルの発揮

能筆 = 読みやすい手書き文字の学習

自らが発信する媒体のクオリティアップに、描く力と書く力を磨きます。
特に絵を描く技術は、デジタルツールを用いての表現テクニックを学ぶことにしました。

 

【発 声】

 

滑舌 = ボイストレーニングによる話し方の訓練

表情 = ボイトレ効果が及ぼす表情筋の鍛錬

聞きやすい話し方だけでなく、長く話しても疲れない声の出し方を習得します。
発声をトレーニングするには口角の柔らかさが必要なので、表情筋が鍛えられ小顔効果が得られるかも……

 

【若々しさ】

 

老眼 = 眼力トレーニングと外来治療

近いところがぼやけるだけでなく、光を取り入れる力も弱ってきたので、本を読むのが辛くなりました。
そうなると、発光したり文字の大きさを変えられる電子書籍に助けてもらいがちですが、やはり紙の出版物で読みたいのです。

 

頭髪 = 清潔さと刺激を保つスキンケアによる養毛努力

髪の毛が細くなり、地肌が目立つようになりました。人生もう少し、頭髪の存在を楽しみたいです。

 

【健 康】

 

走力 = 楽にフルマラソンを走られる脚づくり

フルマラソンでサブ4を狙うのではなく、ジョギングペースで42㎞程度は走られる持久力をつけます。

 

内臓 = 中性脂肪値の正常値に向けたバランスの良い食事

昨年末の内科検診で中性脂肪に異常値がみられました。食生活を変えることで、この値を正常に戻します。

 

 

1年で届きそうなゴールをサクッとまとめられる正月は、自分には欠かせない刺激的な時間を与えてくれます。

50代にもなると夢物語を描くのではなく、今まで自らが保有してきた能力へのブラッシュアップ素材が多くなってきました。

やることとやらないこと、いわば選択から集中すべきポイントが、自らの保有能力として明確に認識できるからかもしれません。

したがって非現実な目標やプランを立てるよりも、すでに昔の自分が伸ばそうとしてきたスキルの完成形をめざすことに意識が向かうのですね。

 

そうした思い巡る楽しさの中で、ひとつ残念なことがありました。

それは“モレスキンとの決別”という事態です。

実は、過去記事【インクが裏抜けしないモレスキンの選び方】の法則(仮説)は成り立たないことが判明したのです。

 

0325 2

 

上記写真にあるとおり、万年筆(モンブランのミッドナイトブルー=ボトル=)がページ裏面に染み出すのです。

今回買ったモレスキンの紙質は、インクフローが悪く細い線が書けません。文字がやたらと太くなり、裏へ抜けてしまいます。

やむを得ず、クリエイティブなノートという相棒にはモレスキンを使わない結論に至りました。そして速攻で代わりを探しました。
次回にてまとめます……

 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。