講義中に自分をコントロールするための4ヶ条をカード化していた

Pocket

 

3年ほど前に作成したカードが、名刺ケースの奥から見つかりました。

『学習成果を導く 講師の心得』という社内インストラクター養成研修のなかで、受講者に配ったものです。

教える人が忘れてはいけない姿勢を、4つの切り口から認識させています。

 

0308 1

 

この4つの切り口は、何から発想されているかというと『ハーマンモデル理論』です。

ポール・マクリーンの『三位一体理論』ロジャー・スペリーの『左脳・右脳モデル』を合体させた理論ですが、結構応用が利きます。

4象限に分けられた脳の特性を切り口に、ターゲットへどのようにアプローチしたら良いのかを考えるキッカケが得られるのです。

 

0308 2

 

以前の記事でまとめたこの理論の解説を再掲します。

ハーマンモデル理論

ハーマンモデルは、様々な思考モードに対して、以下の部位を用いやすいという大脳の傾向を示しています。

(左上)左脳+新皮質:論理的、原理原則、批判的、数量的、ビジネスライク

(左下)左脳+辺縁 :計画的、組織的、保守的、リスクヘッジ、規則・納期重視

(右下)左脳+辺縁 :社交的、共感的、感情的、親密性、人的問題の優先化

(右上)右脳+新皮質:冒険的、コンセプト重視、新奇性、フロンティア精神

 

今回のカードでいえば、上側は「受講者に向けてどのように考えを深めさせるか」に役立ちます。

そして下側は「教える人と学ぶ人との関係づくり」には重要な視点です。

左側は「学ぶ人への理屈の付け方」で、右側は「学ぶ人への感じさせ方」という4構成になっています。

割とイメージがしっくり繋がるので、今後も本理論をベースにした概念の体系化に努めてまいりましょう。

 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。