モレスキンでiPhone5のケースを作ったら、こんなんできました!

Pocket

 

なんやかんや考えた結果、iPhone5を手に入れました。
……ま、いいじゃないですか。

新しいデバイスを手に入れると、自分用にカスタマイズしたいのが人情というもの。
そこで、モレスキンのポケットサイズがこのニューiPhoneにピッタリやん、と確信し、早速ケースづくりをはじめたのです。

主な材料は次の3点です。

0280 1

MOLESKINEメモポケット

ラスタバナナ iPhone5スキンケース(ホワイト)

Sinji Pouch

では、早速のその制作過程をご紹介しましょう……

こちらが今回、犠牲になるMOLESKINEメモポケットです。

0280 2

カスタマイズの第一歩は、ポケットの仕切りを外していくことからです。

後でよ〜く考えたら、この作業段階ですべての仕切りを綺麗に取り除く必要はありませんでした。

0280 3

はい、メモポケットが袋状態になりました。

0280 4

次に、この袋を切断します。

一番下の階層だけを残して、あとは本体と分離するのです。

0280 5

そして、 切断された袋部分を25㎜幅でさらに切り刻み、それらを重ねていきます。

これをiPhone5のケースを固定するためのガードとして利用するのです。

0280 6

残された最下層部分を補強するために白のガムテープを貼っていきます。

100円ショップで売っている商品を買ってきましたが、商品を選ぶ際は売れ残りをお薦めします。
最初の数センチ部分が適度に変色していて、モレスキンのペーパー色に近くなっています。

0280 7

続いて、iPhone5のカメラレンズ部分に穴を空けます。

iPhone5ケースのカメラ穴でアタリをつけ、そこにカッターの刃を当てます。
結構、力作業なので要注意です。

0280 8

そうしてモレスキン部分の加工ができましたら、iPhone5のケースを両面テープで貼り付けます。

これも100円ショップで貼り直しがきくヤツを買ってきました。

0280 10

続いて、スマートフォン用のカードホルダーになる商品をモレスキンにペタリ!

iPhone5本体をモレスキンに貼られたケースに装着したら……

0280 11

ど、どうです!

立派なカードホルダー付きiPhone5ケースができあがりました。
駅の改札もスイスイです。

外観はこんな感じで、カメラレンズがモレスキンのセンターへ現れます。

0280 12

仕上がりに関しては、側面にはたわんでいる的な指摘箇所があったりしますが、そんなのたいしたことぢゃない。

とにかくモレスキンを持ち歩きながら、iPhone5も使えるのですから……

 

しかし、制作の失敗も懸念されたので、あらかじめ既製品も購入しておりました。

0280 13

ZENUS製のPrestige Vintage Leather Diaryです。

革製品なので、手に馴染むとさらなる味が出ることでしょう。

0280 14

今回作ったモレスキンのiPhone5ケースは、講義中にさりげなくMacBook Airとつながることとなります。

受講者の目にiPhone5をさらすことなく、テザリングしていきまっせ!

 

=追記=

ちなみに、人知れず使っている状態はこんな具合です。

0280 15

 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。