Xperia SXのテザリングって、新横浜から博多までどんな状態なのか?

Pocket

 

Xperia SXがメイン・ルーターになりました。WiMAXルーターは「チェンジ!」です。繋がらんかったからねぇ。

そこで、このXperia SXがテザリングマシンとして、どれほどの実力があるのかを試してみました。
福岡出張の折に、新横浜から博多まで新幹線に乗車し、その際の通信状態をチェックしたのです。

約5時間の長旅において、新神戸までは満足。そこから先は、やっぱりね〜でした。
その模様です……

0260 1

 

見ている限り、新横浜から名古屋まではずっと通信状態を保っています。
新横浜ではLTE網でしたが、5分ほど走ると3G網になりました。
名古屋に到着しても、LTEには戻りません。

静岡あたりのトンネルではわずかに接続が切れますが、しばらくすると繋がります。

下の画像は、熱海付近のトンネルを通過中に、通信速度を測定した結果です。
(測定はBNRスピードテスト。上がダウンロード速度、下がアップロード速度)

0260 2

しかしこの新横浜・名古屋間で、3度ほどテザリング状態が切れていましたね。もしかしたら、電波が届かない箇所があったのかも。

ま、もう一度接続したらよいのですから、ここは大目に見ておきましょう

 

続いて、名古屋から新大阪。

名古屋を越えたあたりで、通信速度を測定しました。トンネルなど遮るモノがないので、下り速度はアップしていますね。

0260 3

大津から京都への長いトンネルでも通信は途切れませんでした。

そして京都駅に着くと、回線はLTEとなっています。そこで通信速度を測定しました。

0260 4

うん、いいね。さすがのスピードです。
さらに、名古屋から新大阪間では通信状態がハングアップすることもなかったです。

ただ、新大阪ではLTEにはならなかったですね。

0260 5

そして新大阪から広島間。

トンネルの多い区間です。まず、新神戸までのトンネルは3G通信できました。

しかし、先の岡山から広島までのトンネル群はダメです。

広島駅では3G回線。通信速度はこんな具合です。そこそこですね。

0260 6

続く、広島から福岡への道中、とにかくトンネル内はダメです。

0260 8

PC作業はあきらめ、外の風景を眺めました。ブレードランナーみたい。

0260 7

 

そうして福岡到着で、調査は終わり。

この間、本体がカイロみたいに熱くなるかと思いきや、それほどでもなかったです。

……ということで、これからは小型軽量の通話&テザリング機としてXperia SXを、お供に携えていきます!

 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。