頭の疲れには視線の切り替えが効果的。さぁ見上げましょう!

Pocket

 

講師という稼業におけるデスクワークとは、次のような行為が主です。

・研修提案書やプログラム案の作成 → 実施への意思決定

・講義カリキュラム、研修テキスト、演習シートの制作 → 実施までの準備

・講師所感作成やデータの修正、受講者アンケートの分析 → モニタリング

提案書や研修テキストはPowerPointを用い、カリキュラムや記述式演習シートはExcelで仕上げたりします。
講師所感はもっぱらWordですね。 MS-Officeさえあれば、仕事はできるんですね。

デスクワークって、アーティストがレコーディングしているようなもので、そこでの成果物が後々訪れるライブ(講義)で活きてくるのです。
新規の案件ほど、この仕込み作業が増えるので、 一日中デスクにへばりついたりすることになります。

すると疲れます。同じ姿勢のままディスプレイへ集中するので、やがて思考が鈍ってきます。
そこで当方が行うリフレッシュ方法は……

自分の好きな空間に目をやり、少しボンヤリしてあげることです。

 

0253 1

 

当方のデスクポジションの上空には、2階を突っ切って天窓までの吹き抜けがあります。
これを見上げるのです。

天窓の向こうにある空を感じます。
「あ、雨や」、「お陽ぃさん、照っとるな」とか思うんです。

そしてしばらく眺めながら呼吸を深めていくと、頭を包むベールがそっとはがれるような気分を味わいます。
首を伸ばしているのが、ストレッチ効果にもなるようです。

 

カーテンやブラインドを開けて、窓の外を見るのもいいですね。

イスに座ったまま、上半身を捻るなどのストレッチも加え、視線を遠くへ預けるのです。

そこにがあれば、なお良しですね!

 

0253 2

 

……さ、気分が変わったら、もうひと踏ん張りしましょう!

 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。