モチベーションを高めるために、提案設計手法を活用せよ!

Pocket

 

ロンドン五輪が始まります。
モチベーションの高いアスリートを観るって、やたらに刺激されますね。
斜に構えてグズグズ言っていた若い頃の自分とは、全く違う次元で活躍する選手たちを、素直に尊敬してしまいます。

では彼らの中には、どのようなモチベーションが育まれているのでしょうか?

一般的に、モチベーションとは次のような公式に当てはめられます。

『モチベーションの高さ=魅力的な目標 × 実現の可能性』

この公式をすべてひとまとめにするアウトプットってのが、あります。
それが……

提案書のフォーマットなんですね。

提案書を作成する基本フレームは、こんな要素で成り立ちます。

0238 1

いわば提案するテーマが新規事業だろうが、新製品だろうが、業務改善だろうが、大きな枠組みは変わりません。
ターゲットを変化させる提案には、次のような構成要素を表現する必要があるのです。

① 将来の方向性と目の前のゴール(魅力的な目標 =全体=)

② 現状における背景や前提条件(スタート地点)

③ ゴール到達への論理的な筋道(実現の可能性  =全体=

④ 具体的な取り組みやリスクへの対応(実現の可能性 =詳細=

⑤ 具体策の実践によって得られる効果(魅力的な目標 =詳細=

 

こうした提案を組み立てるために構想図なんかで考えます。ほれ、こんな感じ。

0238 2

 

提案書とは、これらの要素を体系的に網羅し、それぞれの関連に合理性を当てはめた読み物なんです。

高いモチベーションを伴って自己実現に切磋琢磨している人は、このような論理性と可能性、そして新たな価値への期待を、自分自身にしっかりと提案できているんでしょうね。

よっしゃ!……五輪選手の活躍を観ながら、意欲的な自己創造へと活かしていきせふ!

 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。