読みやすい文章からわかりやすい情報へ、視覚化の効果とは?

Pocket

 

ビジネスパーソンが文書作成スキルを高めるためには、何よりもまずその準備です。
材料に栄養が入っていないのに、身体によい料理はつくれません。
だから、準備段階での情報収集やロジックの組み立ては、ビジネス文書−−それもターゲットを動かすことを目的にするドキュメントには欠かせないのです。

その次に必要なのが、準備した文書の内容レベルを減衰させずに紙面へ表すアウトプット・スキルです。
ドキュメント全体に備わる表現力によって、栄養のある料理(内容)を美味しそうに魅せるのです。

当方は以前、商品企画に携わってきたので、多くの先輩の企画提案書を読ませていただく機会がありました。
企画を通しやすいと評判の先輩が作成した資料に目を通すや、「おっ、こりゃ読みやすい!」と唸るのは当たり前。
経験の乏しい当方でも、こんな感想が口を突くのです……

「おっ、わかりやすいやん!」

たいへん失礼ながら、そういう感嘆が出ちゃうんですね。

「この(そんなにパッとしてへん)先輩の提案書は何がちゃうんや」と資料を見直しながら学んだのが、視覚情報化。ビジュアライゼーションの効果でした。

たとえば、下図は当方の講義でよく使う例です。

0231 1

文字だけでまとめた文章は、情報が文字に埋没します。(左上)

だから、箇条書きにして整理をします。
各要素の前後の関係や項目の統一などを手がけるのです。(左下)

ここまでが、”読みやすさ”へのレベルアップ。

 “わかりやすさ”は、それが論理図解を用いて表すことで発揮されます。
この例では、『構成要素図』によって描かれています。(右図)

すべて同じ中味なのですが、表現のバリエーションによって読み手への届き方が変わるのです。

特に視覚化された情報は印象に刻まれます。

そう、“わかりやすさ”とは”記憶に残りやすい”という結果につながってくれるのですね。
だから、上層部の承認を得やすくなるのかも。

 

「確かに視覚情報化の効果はわかるけど、そんなん絵心が必要やん」と逃げ口上はございます。

……で、絵心って何? そもそも”こころ”って、どうしてわかるの?

では次回、先輩に教えてもらった具体物の上手な描き方をまとめます!

 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。