タイムマネジメントに使える意外なアプリ『EX-ALARM』

Pocket

 

東京都に住む関西人の当方は、ご用命いただければ「呼ばれて、飛び出て、ジャジャジャジャ〜ン」と、どこへでも参ります。

移動手段としては、青森や札幌だともちろん飛行機です。
しかし、福岡だったら新幹線で行こうとします。

特に仕事が溜まっている場合は、移動時間に何もしないのがもったいないので、新幹線をオフィス代わりにするのです。

だから新幹線のチケット予約アプリは、よく使うことになります。
当方が利用するのは『EX-ALARM』です。これでネットから乗車券と指定席を押さえます。

実は最近まで予約だけのアプリだと思っていた『EX-ALARM』でしたが、こんな機能は潜んでいたのです。

それは……

『EX-TIMER』です。こんな画面。

0194 1

ただこのタイマー機能は、『1分、3分、5分、10分』の4つしか時間設定できません。

キッチンタイマーレベル(以下?)のシンプルなヤツなのですが、画面を左から右へ流れる画像が楽しいです。

まず起動画面から『EX-TIMER』に切り替えるには、右側の▲マークを左へスライドさせると画面が現れます。

そして、4つの設定時間からひとつ選びます。

0194 2

0194 3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

するとこんな感じでタイマーが働き、真ん中に表示されている時間がドンドン減っていきます。

0194 4

主要な新幹線の駅には写真データが用意されていて、タッチすればそれらを見ることができます。

0194 5

でも、ライブラリー写真が表示されていても時間は減っていくので、ゆっくり観賞していることはできません。

 

当方がこのタイマーを使う理由は、オフィス化している座席を片付ける時間を確保するためです。

京都を出て新大阪へ向かう際、「あと〇分で新大阪です」と車内放送がされるタイミングで、このアプリを登場させます。

せっせと片付けをしながらタイマー画面を見ると、「うゎ、もう名古屋を越えてるやん!」と店じまいに拍車がかかるのです。

片付けの時間が不足すると、カバンからケーブルが飛び出すなどだらしない状態で車外へ飛び出すだけでなく、忘れ物もしてしまいます。
過去に一度、ワイヤレスヘッドフォンでiPodと接続していたとき、慌てて駅に降り立ち新幹線が走り出した途端、ヘッドフォンの音楽もフェードアウトしていきました。
のぞみと一緒に行ってしまったiPodを取り返すのに、たいへんな手間がかかったのは言うまでもありません。

そうしたヤバイ状況にならないよう、この『EX-TIMER』を活用していく所存でございま〜す!

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。