プロと呼ばれる人とそうでない人、4つの違い ①

Pocket

 

かれこれ30年近く働いたおかげで、多くのビジネスパーソンを観察する機会を得てきました。
特に講師業なんかを生業にしていると、日々いろんな人物と出会い、そのパーソナリティに触れる毎日です。

そこで「おっ、こやつ。プロやな〜」と感嘆させられる人物に出会うこともあったりして、なかなか刺激的です。

そんなプロフェッショナルな印象を与える人たちは、一般的ビジネスパーソンと何が違うのだろうか、と考えました。
そして、4つの差異を認めることができたのです。

まず、ひとつめは……

現場対応力!

いわば、状況の変化に応じて、自在に対応できる引き出しの多い人です。

0189 1

 

その場の活動に影響するビジネスターゲットの要求って、大きく3つのファクターに分かれます。

① レベルアップの要求————————

「もっと良いものにするには?」「さらに精度を上げるには?」

② コストダウンの要求————————

「費用を抑えるには?」「予算内で実施するには?」

③ 時間効率化の要求————————

「より時間を短くするには?」「期限内で収めるには?」

 

上記3つの切り口は、いわゆる『Quality』『Cost』『Time』のビジネス活動の3要素なのです。
その優先度は、相手の置かれた状況によって都度変わっていきます。

そこで発生するリクエストに対して、「じゃ、この順番を変えてやってみましょう。すると少しは早くなりますよ」とか即適応するのです。

 

……では、どうやって対応力を上げるのか?

それは、自らが保持するテーマの『Quality』『Cost』『Time』を自在にコントロールするパターンを作っておくとよいでしょう。

実はこの3要素、互いにトレードオフの関係にあります。

レベルをアップするなら、多少コストは上がってしまうのです。もちろん時間もかかります。
コストを下げるなら、精度を落とす決心が必要になります。時間を早めるのも、同様にクオリティへ影響しますね。

 

こうした相手のニーズに合わせてプライオリティを見極め、条件を変えるなどの提案を行いながら、割り切りを明確に表しての同意を得ます。

「ちょっと時間はかかりますが、この部分の精度は上げられそうです」なんてのを即答です。
そして早速、その場でやってみてターゲットの満足を得るのです。

「そんなん、でけへんよ!」と抵抗すれば普通のビジネスパーソンでしかなく、プロは「じゃ、こうしていこう!」と物事を前に進めます
だから、差がつくのでしょうね。

「いや、これがオレ流やから」といって、こだわり派のような理由をつける人物って、実はキャパがないのかも。
いろいろとできることが認められた上での「オレ流」だったら、選び抜いた”こだわり”として評価されるのですが……。

では次回、”プロと呼ばれる違い”の2つ目となる実践ポイントを紹介します。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。