MacBookAirとiPadそしてiPhoneと連携できる『Notefile』がええね

Pocket

 

本日から2週間、自宅を離れてのビジネス行脚が始まります。

せわしい中でも時間を見つけて、あれやこれや(テキストやワークシート、そしてブログ)をこしらえるべく、テキストエディタでさっと文章を作成せねばなりません。

その際、特定のデバイス縛りにならないよう、手元にあるどんなマシンでもすぐに入力できれば、状況を選ばずに仕事ができて便利です。

 

そんな当方は『Notefile』というアプリを使っています。

MacBookAirとiPad、iPhoneそれぞれが、こんな感じにつながります……

 

まずMacマシンでは、こんな具合にダッシュボード上で起動されます。

0188 2

この環境の良いところは、テキスト入力に集中できるということ。

ダッシュボードのウィジェットには、作業に関連するツールだけを置きます。

ブラウザーなど他のアプリを同時に表示できないので、あるところまで書き上げないとデスクトップ画面に戻らないと決めれば、しっかりと作業ができるのです。

 

つづいて、iPadでの『Notefile』です。

0188 3

このiPad用のインターフェイスが、一番見やすいですね。

過去のデータがリスト化され、すぐに参照することができます。

別のデバイスで作成した文章を、iPadを手にして読み返せば、推敲レベルがアップします。

作成していた環境と同じ状態において、仕上がった文章を読むだけでは、客観的な視点が得られません。
いわばデバイスを取り替えることで、”書き手”から”読み手”へ切り替えるのです。

だから、文書リーダーとして使えますね。

 

……で最後、iPhoneでの『Notefile』はこんな感じです。

0188 4

片手に持って、チョチョチョとローマ字入力。

……というよりも、電話をかけるようにして音声入力するほうがストレスがないです。

ここでは文章を整斉するのではなく、あくまでも思いつくままメモしていく姿勢がよいでしょう。

 

こうして作成されたテキストファイルは、クラウド上で同期されて、どのデバイスでも最新データが表示されます。

 そんな『Notefile』をiOSデバイスたちに潜ませて、これから出かけるといたしましょう!

 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。