Apple社の思惑通り、iPadとAppleTVがリビングで活躍してしまった訳とは?

Pocket

AirPlayというAppleデバイス上でのワイヤレス通信は、使ってみてはじめて「おぉ、こりゃええ!」と、その効果性がわかります。使う前はピンと来てませんでしたが……。

そうした便利なツールに遭遇すると、人は創造的思考を刺激されるのか、自分が保有するデータをどのように活用できるか考え始めます。

そして誰もが実践しているアプローチを、さも自らのオリジナリティだと勘違いしながらトライしていきます。
Apple社の想定範囲からはみ出ることもなく。

……では誰もが考えつく、AirPlayの威力が発揮されるシステム構成とは……

 

クラウドサービスに音楽ファイルをアップし、iPhoneやiPadでストリーミングしながら、AirPlayでAppleTVへ送り出し、接続されているサウンドシステムから音を鳴らす。

……ってとこでしょうか。

 

0155 1

 

上記の構成を組めば、iPad等に動画や音楽ファイルを保存しておく必要はありません。
操作によってその都度、データを本体へロードするからです。

iPadの容量に影響されることなく、リビングなどで好きな音楽を楽しめるわけになります。

それを当方の場合はPogoPlugを中心としたシステムで構築しています。

 

0155 2

 

0155 3

 

PogoPlugとは、Dropboxと同様の使用感があるクラウド連動サービスなのですが、データは外部のサーバに保管されるのではなく、PogoPlugと物理的につながった外付けハードディスクに格納されます。

したがって自分のデータは手元にあることになり、PogoPlugからハードディスクを抜くと、直接アクセスも可能です。

 

そんなPogoPlugをMacBookAirに連動させると、マシン上で作られたすべてのデータが問答無用でPogoPlugへ納まっていきます。

そしてiPhoneやiPadにPogoPlugの専用アプリをインストールすれば、こんな具合でデータ分類を勝手にしてくれ、閲覧や操作をすることができるのです。

 

使っている限りではDropboxやSugarSyncとの違いはないのですが、容量を気にしなくてよいのが有り難いです。

接続する外付けハードディスク次第なので、増設さえすれば使用料なしでどんどんクラウド化できるって感じです。

 

次に必要な機材が、AppleTVです。

これはリビングにあるテレビなどに接続すれば、iTunesで映画をレンタルしたり、YouTubeの動画を観まくったりできるのですが、それだけではアクトビラとほとんど変わりません。

重要なのは、AirPlayが使えるということ。

iPhoneやiPadと簡単にワイヤレスでつながり、写真や動画、音楽ファイルをテレビへ出力できるのです。

0155 4

 

当方は、リビングへiPadを持参し、WiFiでPogoPlugと接続。

音楽ファイルをストリーミングしながら、リビングのAVシステム(サウンドバー)でミュージックを楽しんでいます。

 

0155 5

 

音楽ファイルって結構な容量を使うし、そんなにiPadからヘッドフォンで音楽を聴く機会がないので、WiFiが通っている自宅内ではこれで充分です。

 

こうしたApple社の思惑通りの実例をつくると、それを先進的なモノだと思い込んで、来客なんかに自慢します。

そして感化された来客は、自らの環境を考慮しつつ知恵を絞り、自宅にてシステム構築に励みます。

 

そんなこんなで、Apple製品が個人部屋からリビングへと浸透していくわけですな。
くわばら、くわばら。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。