100円ショップで売っている、わりと便利な『CORD TAG』とは?

Pocket

新しいiPadを教える道具にするべく、準備を着々と進めている。

嬉しいのは、稼働する際にモバイルルーターが不要となり、現状のMacBookAir13inchを持ち運ぶよりも軽くなる。
これは有り難い。

そこで、iPadのケーブル類を持参するためのケースを求め、近所の100円ショップへ物色しに行った。

するとこんな新商品を見つけ、すかさず買い占めた。

その名も、各種コードを分かりやすく仕分ける『CORD TAG』

0136 1

タコ足になりがちな機器類のコードを識別するためのタグである。
成形品のカラフルなラベルをつけることで、こんがらがる電源の抜き差しに役立ちそうだ。

商品にはあらかじめ「MONITOR」「ROUTER」「HARD DISK」「PRINTER」など10種類のタグが用意されている。
自分が必要な名称がない場合は、付属のシールに文字を書いてタグに貼ればOKだ。

0136 2

早速、これら電子機器ファミリーの電源コードにタグ付けをする。

0136 3

すると、こんな具合でコードが自己主張してくれた。

0136 4

よし、続いてリビングのテレビやBDレコーダー、オーディオ類にタグ付けするぞ。
iPadの設定は、後回しだ!

 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。