コミックエッセイ『講師が安らぎを得る受講者とは?』

Pocket

3年ほど前、講師業における楽しみや苦労をマンガにまとめていたが、いまそれらを読み返してみると、その読後感に変化が表れていた。

そうした印象を“成長した”というのか、“達観する”というのか、“鈍感になった”というのかわからないが、とにかく振り返ってみたいと思う。

 

 

 

第1話『講師が安らぎを得る、まさにオアシスな受講者』……
 

ファンが集まってくれているわけではないので、企業研修は常にアウェイ
教わる人たちの姿勢が、もろに教える側の緊張や不安を高めたりする。
だから、ウエルカムな人を探して、安心したいと思うのは当然だ。

しかし、今は「ま、ええか」とあまり受講者の様子を気に止めず、講義を進めている。

実はその方がよい結果が得られる。
……というのは、いちいち環境に左右されていたら、自分らしい講義ができないというのが本質だからなのだろう。

しかしアンケートの評価は、いつになっても達観できないものだね。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。