コミックエッセイ『ロジカルシンキングにおける名回答!』

Pocket

3年ほど前に描いたコミックエッセイを、その後の自分から振り返る連日3弾目。

ここ数年、オーダーが増えている研修テーマに、思考力強化がある。

思考力強化には大きく二つのベースがあって、発想創造系と論理思考系に分かれる。

論理思考系は、「ロジカルシンキング」や「ロジカルコミュニケーション」など、”ロジカルなんちゃら”というバリエーションへ展開されている。

いわば、”ロジカル”は頭の中の状態であって、”なんちゃら”はアウトプットの方向にあるといえよう。

でも我々は普段から”なんとなく”で過ごしているので、急に論理的に考えてと言われても困るのだ。
その困り具合を乗り越える唯一の方法がある。それは……

笑いである!

第3話『ロジカルがユーモアに勝てないくらい講師はわかっている』

「なぜこうなのか?」という問いかけに、皆がまじめに答える。
ふざけて笑わそうとはしない。また、そんな雰囲気をつくっては講師として失格である。

しかし、緊張の中で緩和が生まれると、大きな笑いが発生する。
その笑いを講師としてスルーしてはいけない。しっかり受け止めてあげるべきだ。それが講師のキャパシティともいえよう。

そんな笑いは、いかなる論理にも勝るパワーを持っている。

残念ながらその後、この質問において、上の例を越える笑いは起こっていない……

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。