講義進行をiPhoneで記録。意外と面白いぞ!

Pocket

当方は日々、自分の仕事でログを残す。
セミナーや研修のカリキュラム進行を、MOLESKINEポケットへ記録している。(以前の記事で紹介)

面倒くせぇと思いながらもそれを続けるのは、生きた証を残したいという立派な動機以外に、同テーマの別講義で参考にしたいという”心の拠り所”的な目的を持っているからだ。

ただこのMOLESKINEポケット記録方法では、年が新たになる度に難儀なことが起こる。
それが……

過去のカリキュラム進行を参考にするために、同テーマの講義記録をいちいちコピーして携帯しなければならないという手間だ。

そこで、iPhoneに記録させることを思いつき、『aTimeLogger』というアプリを使い始めた。

研修プログラムを実施する上での記録対象は、大きく分類すれば3つしかない。

“講義”“演習”、そして“休憩”だ。

その分類に内容をつなげて、『講義:○○理論の活用事例』などとMOLESKINEポケットへ手書きしているから、それをアプリ上で実現できれば良い。

ではその手順。

まず、講義用MacBookAirの隣で鎮座するiPhoneを起動し、aTimeLoggerをスタート。

当方はプログラム進行に関するアイコンを、前述の3分類に“食事”を追加設定している。

アイコンはカスタマイズでき、それを”インストラクション”というカテゴリーに登録している。

アプリの操作としては、セッションが切り替わる度に、これらのアイコンのどれかをクリックする。

同じ分類でも目的が変われば、クリックしている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

各セッションに関して、簡単なコメントを残す
これは講義内容を示す記述となる。

そうして記録されたデータはレポートとなり、Evernoteへメール送信しておく。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

すると、講義の進行結果が時間軸にまとまり、ログとして残っていくのだ。

レポートの下欄には、どのくらいの時間分布でセッションが割り振られているかがわかる。

今回の研修では、演習時間が半分以上あったことを示している。

なんか自分の仕事が分析されるのって楽しいね。
しばらくこのアプリを使っていこう!

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。