APPLEキーボードをテンキー付きにしたら、ちょいと困った

Pocket

APPLE Keyboard(テンキー付き)を買った。

MacBookAir本体やWirelessタイプのテンキーなしと比べて何が良いかというと、deleteキーがあること。
そして、テンキーで数字を打つと自動で半角になってくれることだ。

「こりゃ、ええわ!」と買ってみて気づいたのだが、トラックパッドとマウスを並列して置くと、肝心の文字キー部分が左へ寄りすぎる
身体の中心に文字キーが並んでくれず、たいへん打ちにくくなるのだ。

そこで考えたのが、こんな工夫……

作業におけるそれぞれの使用頻度は、トラックパッドよりもマウスの方が高いので、マジックマウスがキーボードの横をキープ。
そして、トラックパッドをキーボードの向こう側に移動させた。

ただ、トラックパッドの位置が低いために、キーボードに手首があたる。
苦肉の策だが、APPLEスーパードライブの上に置いた。
するとなんだか、デザイン的な一体感が生まれ、なかなか良い感じになった。

ま、当分のこのフォーメーションでやってみる!

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。