走るために必要なモチベーションアップ・ギアはこの2製品!

Pocket

人前に立つ身であるからには、ストイックなイメージを与えたい。

だから、走る!

走っていると、ストイックに見えるのだ。

しかしそんな理由だけでは、モチベーションなんて上がらない。

だから、走ることを意欲的にするギアが必要だ。
そこで、この2点を紹介する……


GarminのForerunner
は、GPS内蔵のランニング・ウォッチ

いまは110という型番の廉価版を使っている。これを2台持ち、何かあったら交換して用いる。
なぜ2台保有するかというと、実はそれまでの旧製品はよく故障し、その交換や買い換え中にランニング・モチベーションが上がらないからだ。

スマホのアプリを使うというテもあるのだが、このForerunnerシリーズを5年近く使っていて、過去のランニング・データが専用ソフトに記録されている。
だから、いま流行のスマホ・アプリには移行できない。ほれ、こんな具合。

その記録精度は高く、GoogleEarthには走行ラインが表示される。
左上のバーをスライドさせると、その該当する距離での進行結果が一目瞭然になるのだ。

大阪城も、こんな風にやっつけた!

次に、走るモチベーションを高めてくれるのは、音楽のチカラだろう。

これも今まで、いろいろと取っ替え引っ替え使った。

そして現在、こんな新製品を手に入れる。
Macには正式に対応していないはずのランニング用ウォークマン

果たして本当にMacでは使えないのだろうか……?

使えるとすれば、どのような使い勝手なのだろうか?

次回に続く。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
2 Comments
  1. 私はForerunner 310XTを3年前から使っています。このモデルは、バッテリーが20時間持つのでウルトラマラソンで使えるからです。確かに電源系故障には何回も泣かされました。不思議なことにここ1年程は機嫌良く動いてます。労わりながら使ってるせいでしょうか?

    • 持ち主の気持ちは、機械にまで伝わるのですね。

      当方は、さぁ走ろうとGarmin Forerunnerを手にしたのに、ウンともスンともいわない。そんなことが数度あり、そのたびにランニングウェア姿であたふたするのがイヤで、2台持ちにしました。
      そんな投資をした途端、全く固まらなくなりました。したがって、予備機は1回しか使っていません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。