モレスキンで奈良を学ぶぜ!と体験学習プログラムに参加した

Pocket

奈良まほろばソムリエ検定』という奈良好きにとって名誉な資格があり、当方は今年始めに受験して、なんとか2級を取った。

来年は1級にチャレンジしようと鼻息を荒げれば、その受験には条件があり、奈良商工会議所が主催する体験学習プログラムを履修しなければならないと知る。

そこで『史跡・名所案内を楽しむ講座〜法隆寺と周辺の史跡を巡る〜』に参加。
42名の同士と、斑鳩町役場から藤ノ木古墳法隆寺の西院&東院伽藍、大宝蔵院へ。そして仏塚古墳から三井へ向かい、中宮寺跡と約4時間散策した……

その際、MOLESKINEスクエアード・ラージを持参。
奈良検定1級合格に向けて、紙面にスケッチしながら学習した。

とにかく絵にできるところは、ブルーブラックのフリクションボールを走らせ、読み返しながら重要点をオレンジでマークする。

やはりビジュアルにまとめるとわかりやすいし、なんども見返しながら楽しめる。
ノートに、その場の空気感まで閉じ込めておけるようだ。

そうして記憶の部位に、情報が刻み込まれていく。
視覚化したら、憶えが深いって感じやね。


とにかく来年の奈良検定受験に向けて、このモレスキンな学習を続けていこう。
次回は、11月に認定支援セミナーがあるので、そこでもこのノートは期待に応えてくれると確信している。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。