MacBookAirの次に控える「買わなアカン」ガジェット

Pocket

地方での教える活動が増えると、ワークスタイルがノマドになっていく。
だから快適な環境を求めて、カフェを渡り歩く。

「こりゃええ感じやん」と喜ばしい空間を確保しながらも、「なんやねん!」とガッカリしてしまうのが、この写真のようなケース。
モバイル・ルーターの回線が繋がらないのだ。

特に当方が所有するeMobileのPocket_WiFiは、その残念さを味わうことが多い。

そんなPocket_WiFiも、11月で2年縛りが切れる

そこで、次に狙う条件を優先順位と共に挙げてみた……

① エリアが最も広いドコモ網での利用

② テザリングにより、別途ルーター持参を解消

③ より高速な通信速度による作業ストレスの減少

④ iCloudサービスの利用

①から③の条件を満足させるのが、この秋冬モデルのAndroid携帯であろう。

今週号の週刊アスキーによると、ドコモがXi(クロッシィ)対応のスマートフォンを投入する見込みのようだ。
そうなると、一挙に①から③の回答が得られる。

同誌の特集”テザリング比較”では、USB接続のテザリングが高速であると掲載している。
これはスマホの充電が同時に行えるので有り難い。乗り換えの機運がさらに高まった。

しかし難儀な点が残っている。それは、④がNGなのだ。
iCloudを使いたいと願う時点で、Android携帯が選択肢から外れるという現実。

結局、①から④すべてを満足するには、『SIMフリーの海外版iPhone5に、Xi対応のSIMカードがNTTドコモから発売される』という希望的組み合わせに頼るしかない。

それか、Android携帯に新型iPod_touchという変則2台持ち……なんてありかも。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。