次に買うスマホ。それはAndroidとiOSの両刀遣い!?

Pocket

新作スマートフォン情報がめまぐるしく錯綜する今日この頃。いかがお過ごしでしょうか。

今の時点で、当方が次期モバイル・ガジェットとして手にすることになろう機器の最有力候補。
それは、以前示した“iPhone5″や”Galaxy Note”ではなくなった。

なんと、Galaxy SⅡ LTE“+”新iPod touch“の2台持ちパターン

なぜこんな組み合わせに期待を託すのかというと……

それは、9月2日のエントリーで挙げたすべての要求に対する実現可能性が高いため。

① エリアが最も広いドコモ網での利用

② テザリングにより、別途ルーター持参を解消

③ より高速な通信速度による作業ストレスの減少

④ iCloudサービスの利用

実は当方の認識で思いっきり間違っていたのが、通信規格の仕様。
SIMカードによる制御ではなく、本体への組み込み設計なので、後付け(カード交換など)での変更はできないのだ。
いわば、車を買った後でサンルーフが取り付けられない事象と同様だといえる。
冷静になればわかりそうなもんだが……、冷静ではなかったのさ。

だから製品を選ぶ場合は、最初から通信速度を考慮した選択をしなければならない。
NTTドコモが推すLTEなる高速通信規格の恩恵を得るには、その仕様を保有する機器をチョイスする。

したがって現状では、お目当ての”iPhone5″や”Galaxy Note”がLTEに準拠する可能性がないことから、”Galaxy SⅡ LTE”への期待が膨らんだという経緯だ。

ではそこで、2台持ちという非効率的なスタイルは、いかがなものなのだろうか?

その考察は次回へ。なんとなく、自分への言い訳が成り立った感じか……?

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。