MacBookAirを使っていると、どう壊れていくのか【自然劣化編】

Pocket

9ヶ月使用したMacBookAir。
企業研修の講師という仕事柄、月に20日以上は鞄に詰め込んで持ち運ぶ。
マシンにはプロテクトをしていなかったので、それなりに傷ついていた。

たとえば、ボディの天板にあるAppleマーク
マシン使用時には、液晶のバックライトによって光り輝くアイキャッチだが、よ〜くみると……

どこから進入したかわからないが、黒いホコリのようなゴミが入っている。
ブロアブラシで取り除こうとしても、貼り付いてどうしようもないが、これくらいは全く問題ない。

 

 

次に、アルミボディの外面
約1㎜ほどの擦り傷が付いていた。

しかし、よ〜く目をこらして探さないとわからないレベルである。

 

 

 

 

 

 

そしてキーボードのへたり具合。

ホームポジションあたりのキートップは、もちろん脂なんかの影響でテカっている。

摩耗しているわけではないので、全くもって許容範囲だ。

 

 

 

 

 

最後に、本体裏に4カ所あるクッション。マシンの足といえるヤツだ。

こいつは、磨り減っていた。

新たに買ったMacBookAirは曲面を保っているが、使用していたマシンではわずかに平らになっている。

でもこれは使っていれば当たり前に予想できる劣化だ。

 

 

 

……ということは、不注意(以前の記事)以外の自然劣化に関しては、ノープロテクトでも”問題なし!”と言い切れる。
どれもこれも取るに足らないレベルなのだ。

したがって、このMacBookAirというマシンはモバイラーにとって、コストパフォーマンスの高い製品であるといえるね。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。