【動画】感心と笑いを誘うツカミの実例

Pocket

先日、保管データを整理していたら、2年ほど前に実施したセミナーの動画ファイルが見つかった。
その中で、講義開始早々に用いる”いつものネタ“があったので、その部分を紹介する。

セミナーがスタートしたばかりの堅苦しさを解すために、講師としては自分の持ちうる能力を、サクッと披露しようとする。

いわば、教える人としての存在を印象づけるために、聴き手の感心を誘うのだ。

それが当方の場合は、絵を描くことで示す。

この動画には、セミナー参加者に「ほぅ〜」と感心させる得意技を発揮したあと、緊張感を解す切り返しへ展開している。

一瞬の間を入れながら緊張と緩和を切り替えれば、笑いという反応が得られるのだ。

↓ 30秒ほどの動画なので、まぁご覧くだされ……

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。