奈良を愛する人は寺が好きな人♪

Pocket

近鉄奈良駅の近くにあるカフェ『coffee beans ROCOCO』で、ノマド・ワーキングをした。

古都に流れる時間の調子は、現在の都とは大いに異なる。ゆっくりと静かに動いてくれている。
珈琲をすすり深く息をついて、自らのタスクを進めた。

ふと、さきほど行き交った十輪院の若き僧を思い起こした。
なんらかの志を持って、此処奈良で修行してるのだろう。
一見して疲れているビジネスパーソンとは、明らかにその表情や体勢が違う。

奈良を想えば……

1300年以上昔から、この地では多くの教えや学びが繰り返されてきた。

それは、国家権力を誇示する政治とは別に、真摯に修行をして得を高める僧の存在から知ることができる。

都が移ってもその活動が現在まで続いたのは、学習の場である寺院があったからこそ。

奈良の持つ魅力は、華やかな時代を通り越した後の、教科書には出てこない人たちによって築かれているといえよう。

現在とは姿形は変われど、自己成長に取り組む多くの人たちが生きてきた場所で、教えるための準備をしている自分の境遇を有り難く受け取った次第である。

 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。